理想の結婚式を挙げるために!失敗しない結婚式場選びのポイント

どんな結婚式にしたいか二人の希望を話し合う

結婚式は花嫁が主役とも言われますが、花婿にとっても人生の中で大きなイベントですよね。花嫁の意見ばかり、または花婿の意見ばかりで進めないようにしましょう。二人の意見を尊重し合うことが大切です。まずはお互いの結婚式に対するイメージから話し合ってみましょう。できるだけたくさんの人を呼んで、盛大にしたいのか、海外などで本人たちと親だけで式を挙げたいのか、などどのような結婚式にしたいかによっても、選ぶ結婚式場は異なります。親の意向を含め決めていきましょう。話し合う中で二人の意見が食い違う場合もあるでしょう。その場合は頭ごなしに相手の意見を否定せず、なぜそうしたいのか理由を確認することです。理由を聞くことで妥協点が見えてくる可能性もあるでしょう。結婚式場が決まっても、その後もさまざまなことを決めていかなければなりません。ケンカにならないよう、お互いの気持ちを汲みながら決めていきましょう。

ゆずれないことは何?優先順位を決めよう

二人だけの結婚式、親をはじめ親族や友人、仕事関係など多くの人を招待する結婚式、など式の基本が決まったら、具体的な内容を決めていきます。チャペルがいい、神前がいい、お色直しはしなくてもいい、食事は凝ったものを出したいなど、こだわるポイントを挙げていきましょう。しかし、こだわりたいポイントはたくさん出てくるものです。そこで、これはゆずれない、という点とこだわるポイントの優先順位をつけていきましょう。例えば、1位は和装ができること、2位は堅苦しくない自由な雰囲気の式ができる結婚式場、など、こだわりたいことから順位をつけていくのです。優先順位を決めることで結婚式場がある程度絞れてくるでしょう。

名古屋は派手婚で有名で個性を出したいと考えている新郎新婦が多いことから、名古屋の結婚式場は細かな要望にも応えてもらいやすいところが魅力です。